低温真空抽出法

低温真空抽出法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一般社団法人 日本の香り推進機構」では、新しい香気成分抽出法「低温真空抽出法」による「日本の香り」を推奨しています。

約35〜40℃の低温で香気成分の抽出が可能なため、従来の抽出法に比べ原料(植物)が持つ効果効能を極めて高く保持し、

100%植物由来の優れた香りの抽出が可能になりました。

 

【低温真空抽出法の特徴】

・今まで香気成分の抽出が不可能とされていた原料(苺、桃など)から100%天然の香気成分の抽出が可能。

・精油(油分を含む原料は抽出可)と同時に100%原料由来の水溶性アロマ(セルエキストラクト)の抽出が可能。

・従来の抽出法に比べ、高い熱や溶剤を加えないため原料が持つ機能性成分の含有率が極めて高い状態での抽出が可能。

・ジュース等を搾取した後の柑橘類から香気成分の抽出が可能なため、植物全てを余す事無く消費出来る。

 

【低温真空抽出法に対する取り組み】

一般社団法人 日本の香り推進機構では、低温真空抽出法による香気成分の販売(※和ノ香)を行っております。

原料は国産、無農薬栽培のみを使用し、安心で安全な「日本の香り」を提供致します。

抽出した香気成分は「成分分析」を行い、アロマトリートメントサロンはもちろん、

ご家庭でのホームケアにも安心してお使い頂けるよう、エビデンス面での安全性を確立して参ります。

※ 和ノ香:国産無農薬原料の和アロマ
国産(和)アロマ通販サイトTHE AROMAにて発売中です。